脱毛の悩み

家庭用脱毛器で脱毛すると熱いのはやけど?熱く感じる原因と対処方法

家庭用脱毛器で脱毛すると熱いのはやけど?熱く感じる原因と対処方法

光(フラッシュ)脱毛器やレーザー脱毛器で脱毛をすると、熱さを感じることがあります。

そこで、熱くても肌に問題ないのか?なぜ熱く感じてしまうのか?対処方法はどうしたらいいいのか?

など、家庭用脱毛器で熱いと感じてしまったときの疑問点と対処方法を紹介します。

家庭用脱毛器で熱いとやけどすることってあるの?

家庭用脱毛器で熱いと火傷(やけど)することもあります。

家庭用脱毛はサロンやクリニックの脱毛器と比べ出力が弱く、やけどのリスクは低くなっているのですが、実際に使っている女性たちの「熱くてやけどしてしまった」という声もあるんです。

Twitterでの口コミをまとめました。

やけどしちゃった!という女性たちの悲鳴が聞こえてきますね。

脱毛で熱さを感じて火傷してしまう原因

家庭用脱毛器で脱毛すると熱いのはやけど?熱く感じる原因と対処方法

家庭用脱毛器で熱さを感じて、ひどい症状だと火傷になります。

どうして脱毛で火傷してしまうのでしょうか。

レーザー脱毛器や光(フラッシュ)脱毛器の仕組みが関係しています。

これらは、黒い色素(メラニン色素)に反応して脱毛する方法。

黒い色素(メラニン色素)に反応して毛根まわりに熱を与えるときに、肌表面にも熱を与えてしまうことがあるためです。

火傷を負うくらい肌表面にダメージを受ける場合は、下記に気を付けてみてください。

・出力が高すぎる

・ほくろなど黒い色に脱毛をしてしまう

・乾燥した肌への脱毛

・脱毛器が合わない

・生理中

出力が高すぎる

脱毛器の出力を高くすると比例して脱毛効果も高まりますが、肌へのダメージもアップします。

熱さリスクを減らすためには、弱い出力から肌に負担がないかどうか確認しながら試してみましょう。

ほくろなどの黒い色に脱毛をしてしまう

ほくろなどの黒い色に脱毛をしてしまう

ほくろやあざ、タトゥーなどの黒い色素に脱毛器を当ててしまうと、黒い色に反応するレーザー脱毛器や光(フラッシュ)脱毛器は強い熱さや痛みを感じます。

乾燥した肌への脱毛

乾燥した肌は外部からの刺激を受けやすく、熱さや痛みを感じやすくなっています。

日焼けした肌も乾燥していますので注意してください。

脱毛器が合わない

脱毛器は脱毛方式や性能がそれぞれ違います。

自分の肌に合わないと熱さや痛みを強く感じる可能性があります。

生理中

生理中は肌が通常時よりも敏感になっているため、普段は肌トラブルが起きないような脱毛も敏感に反応してしまいいつもよりも熱さを感じたり火傷になったりすることもあります。

脱毛で熱いと感じたときに起こるデメリット

熱いと感じたときに起こるデメリット

家庭用脱毛器で脱毛したときに「熱い」と感じたときに起こるデメリットです。

・やけど

・色素沈着

・水ぶくれ

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛で火傷になってしまう可能性があります。

そして、火傷をすると水ぶくれになったり、火傷が治まっても色素沈着が肌に残ってしまったりすることも。

せっかく肌をきれいに見せるために脱毛するのに、傷跡が残ってしまったら台無しです。

肌へのダメージが少ない自分の肌や毛のタイプに合った脱毛器を選びましょう。

脱毛で熱さを感じたときの対処方法

脱毛で熱さを感じたときの対処方法

家庭用脱毛器で脱毛したときに「熱い」と感じたときの対処方法を紹介します。

基本的に火傷に対する処置と同じです。

・冷やす

・皮膚科を受診する

冷やす

火傷はとりあえず冷やしてみて肌をクールダウンさせましょう。

脱毛をする前に、タオルなどに包んだ保冷剤を用意しておくとスムーズです。

皮膚科を受診する

水ぶくれや火傷の痛みが続いている場合は、皮膚科を受診して診察してもらいましょう。

大丈夫かなと自己判断して放置してしまうと、シミになったり黒ずみになったりするので気を付けてくださいね。

家庭用脱毛器の熱さでやけどをしないための注意点

家庭用脱毛器での火傷などの肌トラブルを引き起こさないために注意してほしい点です。

・自分の肌質や毛質に合った家庭用脱毛器を選ぶ

・弱い出力から試す

・保湿をして肌を健やかに保つ

・生理中は脱毛しない

自分の肌質や毛質にあった家庭用脱毛器を選ぶ

肌色や毛質によって、脱毛効果を実感しやすい脱毛器は違います。

例えば色黒なのに黒い色に反応する脱毛器では、肌へのダメージは大きくなり脱毛効果も弱くなります。

弱い出力から試す

出力が強いほうが脱毛効果は高いのですが、肌トラブルのリスクも上昇します。

まずは弱い出力から試していき問題がなければ徐々に強いレベルで試してみましょう。

保湿をして肌を健やかに保つ

脱毛で熱さを感じたときの対処方法

肌は保湿をきちんと行うことで、肌バリアを正常に保ち外部刺激を軽減します。

日焼けや肌荒れで乾燥した肌が、ダメージを受けやすいので普段からしっかり保湿を心掛けましょう。

生理中は脱毛しない

生理のときは、生理がない時期よりも肌が敏感になっており肌トラブルが起こりやすいです。

生理中は脱毛をせず、終わってから行いましょう。

【まとめ】家庭用脱毛器で脱毛すると熱いのはやけど?熱く感じる原因と対処方法

家庭用脱毛器で一瞬熱く感じるだけではなく、しばらく経ってもヒリヒリしたり肌が赤くなったり水ぶくれができるのは火傷です。

火傷を引き起こさないためには、無理せず弱いレベルから試してみたり、自分に合った脱毛器を選んだりすることが大切です。

>>家庭用脱毛器選び方と注意ポイント!おすすめランキングも紹介<<

※当記事の口コミはあくまで個人の感想に基づいたものになります。